Best Interest of Children
前のページへ

園の一日

  • 0歳児の一日
  • 0歳児の一日
  • 0歳児の一日

0歳児の生活

時間 子どもの生活 活動
7:15 合同保育 随時登園、視診、自由遊び
(おむつ交換)
9:30 クラス保育 授乳・おやつ
その日の遊び
11:00 昼食
(おむつ交換)
12:00 お昼寝
15:00 目覚め、視診、おやつ(おむつ交換)
16:15
18:15
合同保育 自由遊び、随時降園
<延長保育>
18:15
19:15
おやつ
園の一日

保育教諭の援助と配慮

(朝の受け入れ)
  • 朝の挨拶は明るく笑顔で交わし、しっかりと抱いて受け入れます。
  • その日の健康状態や連絡をうかがいます。
(おむつ交換)
  • 「きれいにしようね」と語りかけながら心地よく交換できるようにします。
  • 排便後は丁寧に拭いたり、洗ったりするなど、清潔を心掛けます。
(授乳、食事、おやつ)
  • 食前は手洗いなどの衛生面に配慮し、食後はおしぼりで手や口の周りを拭いて清潔にします。
  • 「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶を知らせます。
  • 歌を歌うなど、楽しい雰囲気をつくり、優しく抱いて授乳したり、一人一人のお子さんに合わせて、離乳食を進めます。
  • 「おいしいね」など優しく声を掛け、励ましながら食べる楽しさを育てます。
(睡眠)
  • 一人一人のお子さんの様子に応じて、安心して眠れるようにします。
  • 午前寝など、それぞれのお子さんの発達や生活に合わせて徐々に生活リズムを整えていきます。
  • 寝ている間も、側から離れず、呼吸やその他異常がないか5分おきに様子を見ます。
(遊び)
  • 目を合わせて話し掛けたり、お子さんのしぐさや喃語での語りかけなどを見逃さず、お子さんの気持ちをくみ取り、優しく関わり合います。
  • 一人一人の発育や発達に合わせた玩具や遊びを用意し、ゆったりとした雰囲気の中で保育教諭と触れ合っていくことを大切にします。
  • 天気の良い日は戸外遊びや散歩を取り入れ、自然に親しむ機会を作ります。
  • 午後の自由遊びは、一日の疲れも出てくる頃なので、安全に気を付けて、ゆっくりと過ごせるようにします。

1・2歳児の生活

時間 子どもの生活 活動
7:15 合同保育 随時登園、視診、自由遊び
片付け
排泄(おむつ交換)
9:30 クラス保育 おやつ
9:45 その日の遊び
11:00 排泄(おむつ交換)
昼食
12:00 お昼寝
15:00 目覚め、視診、排泄(おむつ交換)、おやつ、自由遊び
16:15 随時降園
18:15
<延長保育>
18:15
19:15
合同保育
おやつ
園の一日

保育教諭の援助と配慮

(朝の受け入れ)
  • 朝の挨拶は明るく笑顔で交わし、気持ち良く一日がスタートするようにします。
  • その日の健康状態や連絡をお聞きし、お子さんが安心して一日を過ごせるように配慮します。
(片付け)
  • 一緒に片付けをしながら片付ける場所を知らせ、自分から片付けようとする気持ちを育みます。
(排泄)
  • 一人一人の排泄の間隔に合わせ、おむつを交換したり排泄に誘ったり、排泄の自立へ向けて援助します。
(食事、おやつ)
  • 食前食後は手を洗い、食後はおしぼりで手や口のまわりを拭いたり、うがいをする等清潔にすることの心地良さを伝えます。
  • 楽しい雰囲気の中でいろいろな食べ物にふれながらみんなで食べる楽しさ味わいます。
  • 「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶や食べる姿勢など食事のマナーを知らせます。
  • 一人一人のお子さんに合わせ、スプーン、フォーク、箸の使い方や食器の持ち方を知らせます。
(その日の遊び)
  • 発達に合わせた遊びを取り入れていく中で、楽しんで参加できるように工夫し、配慮します。
  • 遊びの楽しさや喜びを友だちや保育教諭と共感し合ったり、伝え合ったりしながら 豊かな感情や意欲を育てます。
(睡眠)
  • 衣服の着脱などを保育教諭が手伝いながら、自分でやろうとする気持ちを育てます。
  • 保育教諭が側につき、安心感の中で気持ちよく入眠できるようにします。
  • 寝ている間も、側から離れず、お子さんに異常がないか様子を見ます。
  • 優しく声をかけたり、音楽をかけたりするなど、気持ちよく目覚められるようにします。
(遊び)
  • お子さんの体調や様子、天候に合わせて遊ぶ場所を配慮します。
  • 年齢の違う友だちとの関わりを見守ったり、関わり方を知らせたりします。
  • 一人一人の発育や発達に合わせた玩具や遊びを用意し、ゆったりとした雰囲気の中で保育教諭と触れ合っていくことを大切にします。
  • 天気の良い日は戸外遊びや散歩を取り入れ、自然に親しむ機会を作ります。
  • 午後の自由遊びは、一日の疲れも出てくる頃なので、安全に気を付けて、ゆっくりと過ごせるようにします。

3・4・5歳児の生活 (年齢によって時間差があります。)

幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づく教育保育をめざしています。

幼児期の終わりまでに育ってほしい姿

ア 健康的な心と体
イ 自立心
ウ 協同性
工 道徳性・規範意識の芽生え
オ 社会生活とのかかわり
カ 思考力の芽生え
キ 自然との関わり・生命尊重
ク 数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚
ケ 言葉による伝えあい
コ 豊かな感性と表現
園の一日
時間   1号 2号
7:15 合同保育 預かり保育
(2号と合同)
(随時登園)
視診
自由遊び
9:00 教育時間
(クラス保育)
(1号登園、視診後2号と同活動)
片付け
設定保育

片付け
昼食
歯磨き
排泄
10:00
11:00
12:45 帰りの支度
絵本を見る
降園
お昼寝の支度
絵本を見る
排泄
13:00

13:00

  預かり保育
(2号と合同)
お昼寝

目覚め
排泄・視診
午後おやつ

帰りの集まり
15:00
16:00
16:30 合同保育 自由遊び
18:15 2号延長保育   延長おやつ
随時降園
全園児降園
19:15

保育教諭の援助と配慮

(朝の受け入れ)
  • 朝の挨拶は笑顔で交わしながら、お子さんの様子をよく見て、気持ちよく1日がスタートできるようにします。
  • 保護者にお子さんの健康状態や連絡をお聞きしお子さんが安心して1日を過ごせるよう配慮します。
(自由遊び)
  • 天気の良い日は、できるだけ園庭や戸外に出て、元気に体を動かして遊びます。
(身の回りの生活習慣の自立)
  • 年齢に合わせて身の回りの事(衣服の着脱、物の始末、片付け、排泄等)を自分の力でできるよう促します。
(食事・おやつ)
  • 和やかな雰囲気の中で、友だちや保育教諭と食べる楽しさを味わいながら、食への興味関心を育てます。
  • 畑での菜園活動を通し、命の大切さを知り、自然に触れる体験や喜びを感じます。
  • 食事のマナー(手洗いの方法や箸の使い方など)を日々の生活の中で伝えていきます。
(クラス活動)
  • 発達に合わせた教育・遊びを取り入れていく中で、一人一人が楽しく参加し自己発揮できる内容を工夫します。
  • 感動する体験を通して、豊かな表現力を育てます。
(人間関係)
  • 同年齢、異年齢又様々な特性を持つ友だちとの生活を通して喜びを共有する楽しさ、思いやりの心を育みます。
(心の教育)
  • 保育教諭や様々な友だちと触れ合う中で、自己肯定感を高め、生きる力の基礎を育てます。
前のページへ ページの上へ